2003巻頭言10~12月号
2003年10月    
危険に満ちた好機としての「病い」─からだに聴く     

人体への関心が様々な理由で高まっているのか、色々な解剖学の本がカラー版で出回っている。頭蓋骨の下方に骨格器官が人体をかたどり、その周りに筋肉がくっついている。各種内臓器官もリアルに描かれているので、解剖の経験のない私などは、自分の体内がかく成立っているということを頭で知ることができても、その各器官を直接自分の手で触ることができないのだから、自分のからだと言いながらそうであるという実感のないことおびただしい。私たちは通常自分のからだの中のことはそこに異状が発生しなければその存在すら忘れているのである。つまり、「病い」になってはじめて人間は己の体内を具体的に意識させられる。
解剖図には頭、胴体、両手両足等など、部分部分が集まってからだができていることが示されているのだが、不思議なことにからだの70%を占めている「体液」の書いてある解剖図などは見たことがない。死体解剖なども同じことを何回も繰り返しているうちに筋肉や骨だけになってしまい、それがからだというものの知識を医学生にあたえるとしたら、人間は物質化したものとして捉えられがちになる。先日某医大の附属病院で「新しい技術を自分のものにしたかった」という功名心にかられて経験のない腹腔鏡手術を行い、患者を死に到らしめた医師が逮捕されたというニュースが大きく報じられていた。
こうした人体実験に等しい事件は、どうも「体液」の欠落した解剖による人体物質観から来るのではなかろうかと思いついた。そこで以前に読んだことのある野口三千三氏の『野口体操・からだに貞く』(柏樹社)をひもとくと、次のように書かれてあって、なるほどと改めて納得したのである。つまり、「生きている人間の身体は、皮膚という生きた袋の中に、体液的なものがいっぱい入っていて、その中に骨も内臓も浮かんでいるのだ」という考え方である。氏はこのことに気づいた時おおいに驚き、その瞬間に死体解剖学の知識が生きている自分のからだと突如として一体化し、まったく新しいからだ観がうまれ出たと述懐している。その気づきの先に「体液主体説・非意識主体説」が導き出され、野口体操が誕生する。私も東京の朝日カルチャーセンターで1日入門し、先生から直接「野口体操」の手ほどきを受けたことがある。からだのひねり動作ひとつで、ひらがなを描きコミュニケーションを可能にする先生の「水袋」のような柔軟な動きは、強く印象に残り、その日は御自宅まで押しかけて自説を拝聴した。氏には『野口体操・おもさに貞く』(柏樹社)という名著もある。その主張は、人間が人間であることの基礎感覚は、地球の中心との「繋がり感覚」であり、神意(自然の原理)は、重さというコトバによって告げられ、筋肉はそれを貞き取ってからだの動きに翻訳するというものである。また「筋肉は重さに抵抗し重さを支配するためにあるのではなく、重さという神のコトバを貞く耳である」という。野口説を充分に解説するスペースはないが、コトバとの関連で展開していく身体観はきわめて宇宙的で独自の思想を形成している。そこでいま注目したいのは、からだに「きく」(貞く)という聴覚的表現である。
「きく」といえば、「病い」を危機に満ちた好機として捉えた『からだの智恵に聴く』(日本教文社)というアーサー・W・フランクの名著がある。フランクは「病い」はからだが送ってくれるシグナルであり、私たちに多くの「窓」や「鏡」を提供してくれると説く。「病い」は我々から生活の一部を奪い取っても、いままで何気なく過ごしてきた生き方とは対極に位置し「自分が主体となるような人生を選ぶ機会を与えてくれるのである」とも述べる。39歳で心臓発作に襲われ、40歳で癌を経験した著者は、もうすこし「病い」とつきあい、「病い」を通して学び、過去の自分を取り戻すことよりも、「病い」を通して自分のことを変えようと望んだと言い、回復を「病い」の理想的な終結と考えるのは大きな問題があると主張している。そこには「病い」を神の「手引き」とする天理教の教えに他方から強烈に説得力をもって接近してくる考え方が見られる。つまり、究極の教えが「裏守護」の地平からも明らかにされつつあるような印象を受ける。たとえば、「病い」の回復を理想とすれば、慢性病や死に到る病には何の価値も見いだせないということになるから、「病い」に際して「我々は回復よりもむしろ新生というべきものに目をむけるべきなのだ」と「病い」に対する積極的姿勢の重要性を説いている。
「病い」は、からだとのコミュニケーションを可能にしてくれる。天理教のかしもの・かりものの教理からすれば、「病い」を貸し主である親なる神との対話を交わす自己新生への絶好のチャンスと捉える覚悟ができれば、病気の治癒だけにこころを奪われずに、「病い」を自分の生きざまをよりよくするための起爆剤とし、医療に絡み取られそうになるからだを奪いかえすという主体性の確立に思いが向くであろう。「病い」を神の「手引き」とするかしもの・かりものの基本教理は、進化する先端医療の中であらたな地平からあらたなことばで、従来の心性還元論を超えて、より積極的に深化・展開されることが思想的にもいま求められている。

2003年11月     
天理・カブール大学共同研究事業に向けて

天理大学おやさと研究所は、「伝道史料室」に加えて、数年前から大学の再改革運動の主旨に向けて、「天理自然・人間環境学」「天理ジェンダー・女性学」「天理総合人間学」「天理スポーツ・オリンピック」「天理国連・平和学」の5研究室を発足した。それらの調査研究活動の独自の業績は、本年研究所設立60周年記念の事業の一つとして9月に実施された「回廊ギャラリー展」をもって紹介された。そして10月「天理国連・平和学」研究室は、本年度の活動の一つであるアフガニスタンでの「国際化」「他者への貢献」プロジェクトの一環として、その可能性を調査・推進する目的で、研究室の担当である筆者がカブールを訪問した。
筆者がアフガニスタンに関わるのは、1979年ソ連軍のアフガン侵攻後、NGOアフガン難民救済同志会なるものを立ち上げ、約20トンの毛布や古着、医薬品などをペシャワールの難民村に届けたのが最初であった。そのときの同志である天理・憩の家病院に胸部外科医として勤務していた京大医学部卒のアフガン人カレッド・レシャード医師は、現在静岡県でクリニックを開院するかたわら、NPO「カレーズの会」を昨年立ち上げ、出身地カンダハールにおいて医療支援をいま活発に行っている。
今回カブールには10月12日から10日間滞在した。その第一の目的は、本学の地域文化研究センターの調査研究活動と連動して、復興途上にあるアフガニスタンに関する映画をカブール大学と共同製作する可能性の検討であった。そのためにファルーク・ファリアッド芸術学部長をはじめ、ジュリア・アフィフィ演劇学科長やカブール大学フセイン・ザダ文化評議委員会議長などと撮影に関する基本的な問題点を2日間にわたって検討し、おおむねわれわれの提案について賛同を得た。撮影に関する資金が日本側から可能であれば、出演者や撮影場所の選択、保安・警護、政府よりの撮影許可の入手などはカブール大学が責任をもって協力し、ビデオカメラ、照明機器など、現場での撮影に必要なプロについての経費は日本側が負担するということで、一応の条件付仮合意が口頭でなされた。前もって準備しておいた英訳シナリオ案も提示し、特にアフガンの文化的な表現について誤解がないかどうか大学側の助言や意見をもらうことになっている。
カブール大学では、著名なアフガニスタンの映像作家でもある映画監督ムサ・ラドマニッシュ氏が講義するシネマトグラフィーの授業風景を参観させてもらい、教室で学生達と約1時間の質疑応答を行った。30数人の受講生の中、女子学生は1名に過ぎなかったが、彼女は女優志願・シナリオ作家希望と言い、他の男子学生は、ビデオやデジカメ、三脚など撮影機器の圧倒的に少ない学科の現状を嘆いていた。大学には編集用のパソコンもない。ただひとりBBCで7年間アルバイトをしていた学生が、旧式のビデオを1台もっているだけであった。アフガニスタン人によるアフガンからの映像発信の物理的条件が、他の支援領域と比較してはるかに援助が遅れていることはまことに残念である。外国人によるアフガン報道は、あくまでも外国人の目から見たアフガニスタンであって、時によってはアフガニスタン人からすれば慚愧にたえない一方的報道もあり、彼等にはそれに反論する機会が与えられていない。情報が相互に平等に流れるよう条件整備が急がれる。
カンヌ映画祭において「オサマ」という作品で3つの賞を授与されたシディック・バルマック監督とは、アフガンフィルムという市街戦の弾痕が残ってはいるが立派な建物にある彼のスタジオで約1時間半のインタビューを行った。最初はダリ語で彼が語り、通訳がそれを英語に訳していたのだが、訳語が的確でないと判断したのか途中から彼は苦手だがと言い訳しながらも英語で喋りはじめた。時間は半減され、話はロシアでの5年間の映画大学留学時代の経験に及んで、黒澤明の作品批評までが飛び出した。後ほど表敬訪問した高等教育省大臣シャリフ・ファイズ博士は、その子息がアメリカの大学院で映像学科に籍をおいていることもあって、詩歌や写真も真実を伝える手段であるが、映像の伝達力はその先端科学技術の発達によりさらに力をましていると語った。そして本学とカブール大学との共同製作には喜んで協力したいという言葉をいただいた。
今回も天理からマダケとモウソウ竹の4本の根を持参した。3月に持参した竹の根は7本芽を吹き出し、30cm程の高さに育っていた。カブール大学農学部は竹生長観察のため特別に構内に一角をもうけ、担当のアーマッド・コエスタニ教授は盛んに竹に関する英文資料をほしがっていた。
11月16日には国連ユニタール・フェローシップによる25名のアフガニスタン高官が本学を訪問した。一行の中にはカブール大学社会・哲学部のモハメッド・ハビビ教授がいたので、彼に英語文献をことづけ、来年はコエスタニ教授の来学を実現し、竹と土嚢を中心とした当研究所のエコ・モデルセンターにおける進行状況を見てもらうことを楽しみにしている。カブール大学と協力して将来アフガン各地での竹林造成を私たちは夢見ているからである。

2003年12月   
カブールの雨

医療援助NGO「ペシャワ−ル会」代表の中村哲医師は、旱魃がつづくアフガニスタンで、すでに千本以上の井戸を掘った。用水路も建設中である。氏には『医者井戸を掘る』という著書もある。なぜ医者が井戸を掘り始めたのか。氏にはそのアフガン難民救援の20年近くに及ぶ現場体験から、あらゆる人道支援や紛争からの復興は水に還元してゆくという信念がある。
ここ数年、特にアフガニスタン東部は未曾有の旱魃で耕地が砂漠化し、大量の難民が発生している。カブールなど大都市に流れたその難民が治安悪化の背景をなしている。戦争がなくとも難民は発生する。特に農耕、遊牧を主とする地域での旱魃は難民発生の原因となる。アフガニスタンでは戦争と内紛が難民発生の原因であると一般に考えられているが、実は水不足が紛争の遠因となり、それが復興を遅らせているという視点をも忘れてはならない。
10月に訪問したカブール北方20数キロにあるショマリ平野の農村でも、いままで流れていたカレーズ(地下水路)に水が流れていない。ここ5年あまり雪も雨も降らないからである。そこで井戸を掘る。以前は10メートルも掘れば湧き出て来た水が、100メ−トルから150メートルも掘らなければ出て来ないと村の古老が訴える。この深さになると手掘りは不可能であり、1本掘るのに100万円以上の重機器による掘削費がかかる。ポンプ用の発電機も要る。何しろ大学教授の月給が4千円くらいだから、帰還農民にはまったく手の届かない金額である。
中村医師はクナール州で用水路を建設中の11月2日、発破作業を攻撃と誤認した米軍へリコプターに機銃掃射をうけた。作業地の平和は一瞬にして吹き飛ばされたという。イラクと同様にアフガニスタンでも国連組織や国際赤十字、外国のNGOへの襲撃事件が頻発している。そして、「今回、私たちは『テロリスト』からではなく、『国際社会の正義』から襲撃された。日本政府がこの『正義』に同調し、『軍隊』を派遣するとなれば、アフガンでも日本への敵意が生まれ、私たちが攻撃の対象になりかねない」とその危惧を語り、イラクへ自衛隊を派遣しようとする日本の風潮を危険かつ奇怪と述べている(『朝日新聞』11/22)。
私たちも天理大学の「他者への献身」という「国際参加プロジェクト」を通して、学生と共にインドのグジャラート州においてアラビヤ海に流出する雨水をせき止めるためのチェックダムを現地のNGOと協働して建築してきた。雨期が訪れ完成した堰を水が満たし、その結果その数キロ周辺に掘られた数10本の井戸から水が湧き出たという報告を受けた。本年の8月、井戸や農作物、そして樹木の生長などの調査のため現地におもむき、近村の農作物収穫にチェックダム効果があったことを私たちは検証しているので、なおさら中村医師のねばり強い謙虚な井戸掘り作業のすごさに感動するのである。
奇しくも天理大学創設者2代真柱様の御命日にあたる11月14日、2泊の予定で27名のアフガニスタンの政府高官や研究者、そしてNGOの代表が天理大学を訪れた。明治16年(1883)、明治でも類のない大旱魃に悩む農民の願いで、三島村で雨乞づとめが行われた史実を紹介した。官憲の厳しい取り締まりの中であったので、教祖に伺うと「雨降るも神、降らぬのも神、皆、神の自由である。心次第、雨を授けるで」とのお言葉あり、雨乞いづとめをつとめられると大夕立ちとなった。しかし、当時86歳の教祖が水利妨害という名目で徹夜留置処分を受けられたという史実に聞き入る、アフガン高官の人たちの目つきは真剣そのものであった。
本年の3月19日、アメリカはミサイルの雨をイラクに降らせた。アフガニスタンにとってはこの日は大晦日にあたる。その翌日アフガンの人たちが新年を祝う日、私はカブールにいた。そこで砂塵舞い上がるカブールに少しでも雨の御守護をと教祖に心からお願いをした。不思議にも次の日の正月2日、5年ぶりに雨がカブールに降ったのである。
宿舎から外に出て、目の当たりに見た市民や子供達が狂喜するあり様をつぶさに話した後、アフガニスタンに雨の御守護を祈ろうと訴えて共に礼拝し、教祖殿をあとにした。翌17日から広島において国連ユニタール主催の「紛争後の国々における訓練と能力開発」というテーマでユニタールの広島事務所開設記念国際会議が開催された。その報告は『朝日新聞』(11/25)のオピニオン欄で大きく取り上げられている。アフガニスタンから出席が予定されていたモハメッド・ファーラン復興大臣は、2日遅れて広島に到着した。主催者はその理由を、カブールが突然大雨と大雪に見舞われ、飛行機が飛ばなかったからだと説明した。「現代の谷底」アフガニスタンに春が来て雪が溶けはじめると、渇いたカレーズに水が再び流れ出ることを祈る。
[PR]
by inoueakio | 2003-01-01 16:49 | 巻頭言集
<< 2003巻頭言7~9月号 2002巻頭言1~6月号 >>