カテゴリ:profile( 1 )
PROFILE
●井上昭夫。
1936年生まれ。天理高校、ハワイ大学卒業、UCLA大学院中退、哲学専攻。留学中「芥川龍之介の自殺と遺稿集の解説・翻訳」(英文)でルーミス賞を受賞。現在天理大学教授、付属おやさと研究所長。

●1971年からのシンガポールでの7年の異文化伝道体験を通してイスラムに関心を持つ。1980年アフガン難民救済有志会主宰し、ペシャワール難民キャンプへ20トンの毛布・衣料・薬品などを届ける。その時より親交があったアフガニスタン人は現カルザイ移行政権の大臣をつとめている。

●日本国際宇宙文化会議発起人代表として米・欧・ソのおおくの宇宙飛行士とも親交があり、数々の関連国際シンポジウムを企画実施。また、国際経営文化学会副会長、未来工学研究所特別研究員、日本ローマ字会理事、日本ペンクラブ会員などをつとめる。

●また、ユニタール(UNITAR-国連訓練調査研究所)上席特別顧問(SSF)として2003年ユニタール・アジア太平洋事務所誘致発案・推進協力し(中国新聞2002/10/18,朝日新聞2003/5/28)、紛争後の復興をテーマに開設記念国際会議を企画・実施に協力セッションの司会などもつとめる(朝日新聞2003/11/25)。

●主な英訳・著書に
 『The Posthumous Works of Ryunosuke Akutagawa』天理時報社1960,
 『A Study of the Ofudesaki』道友社1987,
 『[God].[Tsuki-Hi]and[Parent]』Tenri Yamato Culture Congress1997,
 日本語では
 『世界宗教への道・異文化伝道入門』日本地域文化研究所1982,
 『現代・思想・元の理』天理やまと文化会議1990,
 『こころの進化・宇宙意識への目覚め』フォレスト出版1997,
 『天理教学の未来・21世紀への胎動』天理やまと文化会議1998,
 『「グローカル」マインドと「宇宙意識」』天理時報社2003,
 『「こふき」のひろめ』善本社2006,
 『天理教の世界化と地域化』日本地域社会研究所2007,
 『中山みき「元の理」を読み解く』日本地域社会研究所2007,
 『世界宗教への道』日本地域社会研究所2008,
 他に編著書・論文多数。

●生物学的環境修復手法(バイオレメディエーション)については、テキサス大学オ−スティン校カール・オッペンハイマー教授に学び、日本海ナホトカ号タンカー原油汚染事故でもその調査・修復適応研究などを未来工学研究所と共同して行う。その重油汚染に関する日米共同研究者グループによる提言は、「泥海」からの環境倫理・『天理教学の未来』(482-488頁)のなかにも収録されている。

●また、生態建築学にも関心を持ち、自然建築の領域では、アルコサンティのパウロ・ソレリやCal-Earthのナーダ・カリーリなどとも親交がある。その思想的影響を受け、2002年天理市杣之内町におやさと研究所による天理エコモデル・デザイニングセンターを設置し、風力・ソーラーハイブリッドを併置したアースバッグシェルター2棟を建設。朝日新聞2002/11/9「ひと欄」にも紹介される。

●生態建築を「元の理」の自然・環境理念を基軸として、NGO国境なき建築家機構(BWB)と共同し、難民人道自立支援シェルターに展開する目的で、神戸市長田区阪神大地震被災地跡の一画を神戸市より提供を受け、アースバッグ(土嚢)による神戸アフガニスタン友好公園施設を構築、朝日放送「ニュースゆう」(2002/7/9)や諸新聞記事にとりあげられる。さらに関連シンポジウムを長田区で開催(毎日新聞2002/5/17)。その延長線に地震被災地インド・グジャラート州ににおいてボンガ(土嚢シェルター)を5棟とチェックダムをインドのNGOと天理大学生などと協働建築、その模様はインド全国ネットワークテレビでも紹介される。2003年8月、建築した土嚢シェルター2棟に隣接した一角に日本人造園師の協力を得て、日本式の石庭を作り、天理より持参したモウソウ、マダケなど竹数種をも植樹した。 

●アフガニスタンでは、カブール大学と共同研究を開発中。現在、同大学農学部において天理より持参したモウソウやマダケなどがすでに7本発芽し生育している。将来アフガニスタンに竹林造成を目指すプロジェクトを推進中。ちなみにカブール大学A・ポパールは学長は植物病理学が専攻である。

●また、現在同大学演劇・映画学科と映画を共同製作中。2002年の国連ミッションの一員としてカブールとカンダハ−ルを視察。毎年数回カブールを訪問、現地の海外・国内NGOと協力し、ショマリ平野のカレーズ修復、葡萄畑再生など農民自立支援に向けて現地農民が立ち上げたシュ−ラと共同して、アフガン政府地域開発復興省(MRRD)が2003年3月より取り組み始めたミニ・財政自立援助活動製作(Micro-Finance Investment and Support Facility)にそった活動を推進中である。

●一方、広島における国連UNITARの発足に伴う能力開発フェローシッププログラム企画に参画、25名のアフガン高官と研究者を日本に招請する3年計画のワークショップ実現に協力し、2005年までに合計75名のアフガンフェロー・ネットワーク構築に向けて、カブール国連UNAMAと連携を行っている。



[PR]
by inoueakio | 2008-11-05 21:47 | profile