「谷底せりあげ」とユートピア講演レジメ
(1)「こうき」の「ひろめ」:「救済」天理教学の展開→「元の理」のグローカリゼーション

(1-1)「谷底迫り上げ」の思想→「シジフォスの神話」(カミュ)→不条理と実存、「知行
     合一」(陽明学)、谷底と高山(格差=精神・物質的)、パナマ運河とマチュピチ
     ュ、人間産み下ろし→7日間(奈良初瀬7里)+4日間(残る大和国中)=1
     1日間・産船(ゆみあき)→山澤為造「地場の眞義」(1926);「レンタルの思想」
     「地球・生命共進論」「ゲノムの発見」→「元の理」GL化。
(1-2)「谷底迫り上げ」の現実→アフガニスタンとアフリカ→資料1=ドキュメンタリー
     映画(20分+40分)とチラシ;資料2=東アフリカ・ユートエコトピア構想の
     着想と実験~葡萄の房と頭蓋骨・カタツムリとエスカルゴ;アフリカの真珠が
     抱える諸問題;「元の理」への言語テロリズム→参考文献・(3-4)254~298頁。

(2)「さとり」の「ふかめ」:「裏守護」天理教学の学際的統合→「裏・外」との「つなぎ」

(2-1)「谷底迫り上げ」の構造・「天円地方」と「つとめ」→資料3=伏義図、伊藏写真、
     天輪王講社・日暮宥貞図、ナヴァホ砂絵、星曼荼羅、真座とつとめ人衆etc.
(2-2)「谷底迫り上げ」の原理・「元の理」と規矩→資料4=「元の理」学と「規矩」の
     意味世界;ルネッサンスと「おやさとやかた」→参考文献 (3-4)。
(2-3)「公案」の世界観・相対的解釈から超越的見性へ→●レズメ補遺資料へ=実語教、
     谷底・高山、白隠禅=相対化の否定→eg「隻手の音声」、みかぐらうた・おふで
さき・おさしづ、伝承→二つ一つが天の理・釈義から「悟り」の天理教学へ。

(3)「これから」の「しやん」:「ユートピア」天理教学の構築→「陽気ぐらし」の未来論

(3-1)新大和ユートエコトピア幻想→教祖予言の解釈深化と展開;ユートエコトピア
     建築デザインの試み→PPT;「元の理」規矩学構成原理の口述説明。
(3-2)『ノマドのユートピア~2002年を待ちながら』杉村昌昭訳、松籟社、1998→
     資料5=「自著礼賛」:ドゥルーズ/ガタリをライブするルネ・シェレール。
「ユートピアが描かれていないような世界地図は見るに値しない。」
                     オスカー・ワイルド(『社会主義下の人間の魂』より)。
(3-3) 推薦文献→『ユートピアの幻想』川端香男里、講談社学術文庫、1993。
(3-4) 参考文献→『ユートエコトピア~地球生命共同体思想の実践』井上昭夫、2009。
    
[PR]
by inoueakio | 2010-05-14 11:18 | 講演・エッセイ
<< こちらをごらんください。 「谷底せりあげ」とユートピア  >>